--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年08月04日 (土) | Edit |
 地元のお祭りに行き(リアルで)、若干テンションが上がっているちせですw
夏と言えばやっぱり、お祭りと花火だなと思います。
エオルゼアでも、花火(ボム)とお祭りが現在進行中ですねー(^ヮ^)




突然ですが、皆さんに質問です。



「オンゲーをやっていて、楽しいなと感じる瞬間と言えば?」




人それぞれ違うと思いますが、ちせの場合はお友達と遊んでいるときが一番ですねw

おしゃべりしているだけで時間が過ぎていっちゃいますww ヽ(▽`)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ





昨日も、お友達のあーちゃんと一緒にいろいろ回りました。

まず最初に、ナイトAFの取得クエストへ行きました。
   
    【ナタラン入植地】


ちせはここの存在を決して忘れないでしょう…



ゲートガーディアンを幾度も倒し、門をくぐると絡まれ殺される。

何度繰り返したかわからない時、ヒーローがやってきました。


同じLSメンバーである、はるさん(頼りになる兄貴系)とひらくさん(サブリガ大好き紳士)の救援です!

ドラゴンヘッドのエーテ前で合流したのですが、やはりひらくさんは一味違いますね。

なんの前触れもなく、ドードサブリガ(3色)をちせにくれました(´゚A゚`)


ひらくさん>>> 【ごめんなさい】正直いりませんでしたwwww


そんなこんなで、お二人の力もあり無事にAF手を入手。



「ゼーメル要塞行ってみたいですねー」


的な話をしていたところ、ちょうど募集が!


あーちゃんと二人で参加しようとしたところ、はるさんが前提クエの存在を教えてくれたため中止に。


とりあえず、それだけやっちゃおうかと二人で再び行動開始しました。


クエを進めてゼーメル要塞に無事入れるようになった、そうその瞬間です。

先ほどPT募集を出していたリーダさん方が目の前に現れたのです!!


これは…、行くしかない(`・_・´)!!!!

もう一人の空気読めないちせが叫びました。

深夜のノリというのは怖いもので、普段やらないような無茶もしてしまうものなんです。


半ば強引にPTにいれてもらい、要塞内部へと突貫することができました!

リーダーとPTメンバーには感謝しきれないですw




で、いろいろあって最後のボスには負けたものの無事クリア。

あーちゃんと二人で、手に入れたAFを装備しSSを撮って終了しましたw

ちなみにgetした部位は、『頭』『手』『足』です。

AF3か所 風車前で


残り2箇所集めて、全身純白の騎士姿でSS撮りたいですね(^-^)

あーちゃん、はるさん、ひらくさん、そしてゼーメル要塞でお世話になった皆さんありがとでした!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オンゲで楽しいなと感じる瞬間は、突然知らないひとから予想もしないサプライズがあったときです
それが僕がオンゲを続けている理由でもあります
みんな中のひとがいてそれぞれの考えで行動していて僕の予想の範疇を軽く飛び越えてくる
オフゲでは味わえないですよねこんなこと
ちせさんにも素敵なサプライズをいただきました
ありがとうございます
ちせさんが困ったときは必ずや駆けつけましょう
2012/08/04(Sat) 21:35 | URL  | るる #-[ 編集]
こんばんは。
リンクの件、OKです(´∀`)
こちらも張らせていただきますね。
今後とも宜しくお願いします♪
2012/08/06(Mon) 00:13 | URL  | のいん #SSGQMJVY[ 編集]
るるさん>
遅くなりましたが、はじめましてちせです。
新しい出会いは、リアルでもオンゲーでも嬉しいですよね♪
頼もしい一言を頂き、とても嬉しいですw

エオルゼアで是非お会いしたいので、ご迷惑でなければキャラ名を教えて頂けると嬉しいです!


のいんさん>
リンク張らせて頂きました!
お散歩誘ってもいいとのことでしたので、今度お声かけさせて頂きますね(^^♪
こちらこそ、今後とも仲良くして下さい!
2012/08/08(Wed) 21:49 | URL  | ちせ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/03(Mon) 19:45 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。